一般・小児歯科

一般・小児歯科

小児歯科について

小児歯科について

お子さんの虫歯治療については、親御さんの考えをいちばんに尊重します。

治療を嫌がるお子さんをむりやり治療することが、必ずしもよいとは限りません。

お子さんが患者さまの場合にも、医師との信頼関係は大切です。
歯が痛いときに、「治してくれる」と安心して口を開けてもらえるように、信頼してもらえる関係をつくっていきたいと考えています。

また、親御さん(とくにお母さん)に、お子さんの歯に対して意識を向けてもらえることが、お子さんの虫歯の早期発見にはいちばん大切です。
そのためにも、お母さんに信頼される歯科医でありたいと思っています。

小児歯科の多い症例

小児歯科の多い症例

何といっても虫歯でしょう。
基本的に、乳歯が虫歯になってしまっても、生え変わって永久歯になります。
ですから、「痛い」思いをして治療をしなくもよいかもしれません。
ただ、抜けたあとに永久歯がないということもありますので、そういった場合には乳歯も大切にしなければなりません。
そこを見極めるために、ご来院いただいて診察を受けていただきたいのです。

またお子さんの場合、早期の虫歯であれば「レーザー治療」をおこなうこともあります。
「レーザー治療」は、虫歯治療につきもののイヤなドリルのような音もなく、歯に直接触れることなく治療ができます。
これはレーザーの光で殺菌し、虫歯を治せるので、お子さんの負担はかなり少ないと思います。

治療法については、お母さんとご相談しながら、お子さんにあった方法を決めていきましょう。

乳歯のケアについて

何よりもお子さんには虫歯にならないように予防が大切です。
そのためには、定期的な検診が大切です。

予防として「フッ素加工」という方法があります。
当院では甘味のあるものを使っていますので、お子さんにも違和感が少ないと思います。
「フッ素加工」は、一度やっておけば大丈夫というものではりません。
定期的におこなうことが大切ですので、検診をかねて来院してくださると効果も上がります。

また、お子さんの生活習慣についても見直されることが必要かもしれません。
アメがいつも口に入っているようでは、虫歯になってしまいますよね。
お子さんの食べ物の好き嫌いなどについても見直されると、虫歯の予防に役立つことがあります。

お子さんには、ぜひ小さいうちに「歯医者さん」に慣れておいていただくとよいでしょう。
これから、永久歯に生え変わったら、今度は虫歯になったら治療が必要です。
「歯の検診」という痛みのないときに、歯医者さんに慣れていただければ、よいのではないでしょうか。

妊婦さんからの小児歯科について

妊婦さんからの小児歯科について

妊娠すると、ホルモンのバランスが変わることで虫歯になりやすいともいわれています。

また、悪阻などによって、歯磨きが負担になったり、億劫になってしまたりすることもあります。
できるだけ体調のよいときを選んで、歯の検診を受けましょう。
出産が近くなってからの治療は、やはり母体にとって負担が大きくなります。
初期の段階で一度ご来院ください。

その際に、もし虫歯などが見つかっても、できる治療がありますのでご安心ください。 当院には、妊婦さんも治療にいらしています。

また、妊娠されたのをきっかけに、生まれてくるお子さんの歯についても意識を向けていただきたいと思います。 お腹にいるお子さんの歯の健康を意識していただくように、アドバイスもさせていただきます。

妊娠されているお母さんの歯の健康が、お腹のお子さんにも影響を与えることもますので、ぜひ、一度、歯科検診をお受けください。